コラム

砂糖の話 グラニュー糖 -その3

 

グラニュー糖は、前回述べたように色々な砂糖製品の原料になっていますが、材料として使われる事が中心です。規格値などがきっちりとしているため、メーカーによる成分の差もあまり無いように思うのですが、使用者側にお聞きすると微妙な違いがあると言う意見が多くあります。たとえば、N製糖のグラニュー糖はメレンゲとの相性が良く、艶の輝きが違うということです。これらの評価に対して明確な答えは無いのですが、N製糖は大阪の真ん中の陸地にある工場だからだとか、E製糖一番糖をグラニュー糖に使っているからと、噂の範囲ではありますがそう言われています。また、最近注目されているのが粒の大きさです。標準的な粒子のグラニュー糖は、薬の核に使われたりします。粒子の大きなグラニュー糖は一般的に、コーヒーに用いられる事が多いです。粒子の細かいグラニュー糖は、製粉のミックス粉材料に多く使われています。特に最近は、溶けが良く、核になり易いということで細目グラニュー糖が多く使われる傾向にあり、各メーカーもメッシュの違う細目グラニュー糖を2~3種類揃えています。
ただ、細目グラばかりが出てもメーカーは困ります。乱暴な言い方をすれば、基準値内のグラニュー糖を製造し、粗目~細目の順に篩いにかけて目の細かさで分けてるだけですので平均してでる事をメーカーは願っていますが、このバランスがかなり難しく、限られた量の中、安定供給もままならない状態が予想されているため、今後の大きな課題となりそうです。

ページ上段へ戻る