コラム

小麦粉の話 -その12

 

11回にわたりお届けしてきた小麦粉ですが、今回が最終話ということで「世界一多い、日本の小麦粉の種類」という事についてお話します。
日本では世界のどこの国にも見られないほど多種類の小麦粉が業務用として市販されています。
スーパーや食料品店などで家庭用として売られ使われているのは、全体の4%にしか過ぎず、大手製粉メーカーでは、業務用の小麦粉を数百種類も製造し販売しています。
では何故それだけの種類の小麦粉が必要なのでしょうか。それは
1.日本には小麦粉から作る食品の種類が多く、それに適した小麦粉が要求されてきた。
2.特に、パン用粉に関しては日本人の嗜好にアレンジされた独特なものが多く生まれているため、昔からパンを食べている国でも見られない程の種類の多さになっている。
などが理由にあげられるようです。
日新製糖の担当者も「日本人の嗜好はとてもデリケートで食品にも微妙な美味しさを求める為、食品会社は加工方法を色々工夫されておられますが、それに適した品質の小麦粉も必要となります。日本の製粉メーカーの多くは、もてる技術や設備をフルに生かしお客様から出される複雑な要望にこあっめに対応することにより、多種多様な小麦粉が作られるようになりました」という事です。
弥生時代より小麦粉が輸入され始めてから小麦の食文化を歩み始めた日本ですが、今では無くてはならない食品原材料として今後とも、ニーズにあった小麦粉が生まれてくる事でしょう。

三温糖
ページ上段へ戻る