コラム

粗糖(そとう)の話 -その1

 

今回は粗糖(そとう)をご紹介いたします。
「粗糖とは加工段階にある砂糖の一種である。」とフリー百科事典のウィキペディアでは説明されていますが、製法はサトウキビを絞った汁を下処理した後に、煮詰めて結晶させ遠心分離器にかけて、糖の結晶(糖分)と糖蜜(蜜分)にある程度分離した、結晶の部分が「粗糖」になります。
ちなみに余談ですが、この時に出てくる糖蜜(蜜分)は褐色のドロドロしたシロップ状の液体ですが、見た目は黒糖蜜のようで甘く美味しそうですが舐めてみると苦味があり食べられるようなものではありません。
これは蜜分100%だからで「廃糖蜜」と呼ばれていて、名称からも察しが付くように廃棄しなければならない程度の蜜で、食品グレードでは使用できません。
主に微生物のエサとして活用できるため培養を目的にしているメーカーの研究機関に出荷されています。
ただ昔はコクや隠し味的な部分で、ある調味料メーカーは使用していたと聞きましたが昨今の原材料表示等においても厳しくなり、使用を取りやめた経緯があります。
またこの糖蜜については、あらためてご紹介させて頂きますので楽しみにしていてください。
次回は、粗糖の特徴についてご紹介します。

三温糖
ページ上段へ戻る