コラム

粗糖(そとう)の話 -その3

 

前回は、グラニュ糖などの一般的な砂糖を作る原料として用いられる粗糖をご紹介しましたが、海外から大部分は船で輸入され直接、製糖メーカーの倉庫に保管されるためになかなか見る機会がないのですが、大阪市内の城東区にある新光製糖では内陸に工場があるため現在も工場横の運河を利用し小高線で粗糖を陸揚げしていて歩道脇から間近に見学できますので是非ご覧ください。
では、もう一つの粗糖ですが現在流通しているものは国産サトウキビを国内(沖縄、種子島等)において製造されている物が主流に販売されています。
製造方法は原料糖とあまり変わりませんが、こちらは原料ではなく食品グレードですから異物や雑菌を取り除き、ミネラル成分をできるだけ残した低精製のお砂糖です。
色は各メーカーの精製具合や原料のサトウキビによりまちまちですが、概ね、薄茶色をしています。
甘味は上白糖やグラニュ糖の精製されたものと違い、風味豊かな甘さは独特の物ですが黒糖とは違いコクと甘味がバランス良く感じられます。
最近、健康ブームでお砂糖も精製にていない物に人気があり、ネット販売や百貨店売り場にて小袋で販売されている粗糖が高値で売買されていますが、売り手側で自由にネーミングできるため別物と想いがちですが基本は粗糖ですので同じです。
しかし精製具合や粒子の粗さが違いますので、素材により色々と試されると新しい発見があるかもしれません。

三温糖
ページ上段へ戻る