コラム

粗糖(そとう)の話 -その4

 

現在、弊社に於いて粗糖の販売先としては、8割以上が梅の食品加工会社へ納入されていただいていますが、その大きな理由の一つとしては、前回ご紹介した粗糖の特性である精製されたお砂糖にない独特の風味豊かな甘さが、梅の酸味に負けない甘味質である事から用いられています。
もう一つの理由としては、以前は原糖に近いものを使っておられ(原料糖を1回~2回程度、洗濯機の脱水槽みたいな機械で洗った程度の粗糖)仙双糖(せんそうとう、あらいざらとう)と呼んでいましたが、その商品が製造中止になり粗糖へ代替えしていただいた経緯があることから、現在も使用して頂いている理由の一つです。
この粗糖製造メーカーですが、小さなメーカー(家内工業的な)は数社ありますが、大手メーカーといわれる先は1社しか無く、業務用においては独占状態になっていますので供給面ではやや不安がある事や、価格面でも突然の大幅値上げを表明したりと、ユーザーにとっては不親切の部分がありますが代替え商品がなく、仕方なく納得せざるを得ない状態です。
今後の供給面と価格の安定が望まれます。
消費者の国内産は安心、安全と言う観点から、ニーズが高まった国内産粗糖ですが、低製糖でミネラル成分が多く含まれ、風味も豊かな面でも選ばれているお砂糖です。

三温糖
ページ上段へ戻る