コラム

黒糖の話 -その1

 

今回からは、黒糖についての情報をお届けいたします。
現在、黒糖はあらゆる食品の原材料として使われています。
一度は口にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
黒糖の歴史は古く、今から約380余年前の江戸時代、中国より製造方法を学び、その頃から沖縄全土でもサトウキビの栽培が盛んになりました。
それ以来、沖縄の代表的な作物となり件の耕地面積の約半分に植えられるようになりました。
しかし、現在はその大半が上白糖やグラニュ糖の原料(粗糖)となり、黒糖になるのはサトウキビ収穫量のわずか5~6%にしかすぎません。
沖縄全土にあった数百の黒糖工場も70年代以降には減少していき、現在、黒糖を製造し県外に出荷しているのは七島(伊平屋島、粟国島、多良間島、小浜島、西表島、波照間島、与那国島)のみとなりました。
各島の製法には大差はありませんが、島の土壌や天候、サトウキビの栽培方法などの違いが黒糖の味や風味にストレートに反映されています。
次回はその七島にて製造されている、七種類の黒糖について情報をお送りしていく予定です。

三温糖
ページ上段へ戻る