コラム

黒糖の話 -その2

 

前回は、沖縄での黒糖の歴史を簡単にご紹介しましたが、今回は現在黒糖を製造している七つの島の七つの黒糖についての情報をお送りします。

伊平屋島
沖縄本島の北部から北西約40kmに位置する北東~南西に細長く伸びた形をした島です。
島人口は約1,300人、山があり豊かな水に恵まれた、サトウキビ畑が広がるのどかな村で黒糖は作られています。
硬くて大きな粒でゴツッとした外見が特徴です。
工場施設が小さく生産量も少ないため、流通しにくく食品原料としては無理があります。(年間生産量約500トン)

粟国島
沖縄本島の南西部から北西約60kmに位置する。
かつては粟の産地としても知られており、島の名前の由来にもなっています。
現在では「粟国の塩」で知られています。
黒糖は七島の中でも最も昔ながらの製法(直火鍋製造)で作られていて、絞り出したような個性的な形と独特の風味に特徴があります。
ただ、生産量が非常に少なく不作の年には年間生産量も100トンに満たない時もあり、希少価値の黒糖としても売られているほどです。

三温糖
ページ上段へ戻る