コラム

雑誌掲載御礼

 

ご掲載いただき誠にありがとうございます。
砂糖傳がメディアに取り上げられたものを取り集めました。
砂糖傳の新たな一面が見れるかもしれません。

美ST(8月17日発行)10月号
 
奈良リビングプラス

P181
奈良時代から伝わる

御門米飴は国産米100%!米飴石鹸も新登場やで~

砂糖傳に珍しいお砂糖の専門店。御門米飴は人工甘味料、防腐剤を一切使用せず、素材の風味が活きた味わいです。お米の栄養をギュッと凝縮した米飴石鹸(¥735)が新発売と聞きキャッチ!人気のはちみつ石鹸に負けず劣らず洗い上がりはしっとりです。若々しい四代目の増尾正子さんは88歳!お年を聞いてびっくり。

奈良リビングプラス(8月2日発行)
 
奈良リビングプラス

2面 「ひんやり美味しい 冷たい食べ物」
砂糖傳「御門車厘」(みかどぜりー)を紹介していただきました。

安政元年(1854)創業の「砂糖傳増尾商店」が夏季(4月末頃~9月末頃)限定で販売する「御門車厘」。名物の御門米飴(みかどこめあめ)を使ったゼリーで、洋菓子店「ヴィラージュ川端」(生駒市)で作っています。昔懐かしい冷しあめの味わいそのままの”和テイスト”なぜりーで、冷たく冷やすとプルンとした食感がより楽しめます。

奈良新聞(6月27日付)
 
奈良新聞

12面 

6月27日の奈良新聞朝刊「”贈り物”に奈良の逸品を」の紙面に砂糖傳車厘詰合せと奈良の贈り物(御門米飴)が掲載されました。

万青なら(第66号 平成25年7月号)
 
万青なら

P5 

奈良市万青クラブ連合会広報紙に砂糖傳増尾商店の紹介を掲載しました。
いつまでもお元気で活躍されている方向けの広報紙です。

レタスクラブ しかまろくんのならまちグルメ案内(2013.6.25)
 
レタスクラブ

P76 ~厳選!ならまち土産~

琥珀色のやさしいあめ
御門米飴(みかどこめあめ)
国産米を麦芽で糖化した伝統製法で作った水あめ。まろやかな懐かしい甘さが幸せ。自然な甘みで料理にもおすすめ。

Nara Fxplorer(Summer 2013)
 

P1 ~Souvenirs&Gogts~
奈良を旅する外国人向けに「奈良のおすすめギフト」として”奈良こんふぇいと”を掲載していただきました。
Colorful,sweet Kompeito candy in a fancy box
Kompeito is a simple,traditional Japanese suger candy,Making Konpeito takes a tremcndous amount of time:suger and are combined in a large  special pot and are then heated and stirred,After one day,the piece has grown to only 1 mm(thus 2 weeks is needed to make a 1.5 cm piece),
Satouden produces Kompeito from quality suger,There are scveal flavors(rice suger,brown shuger ,etc,)packed a fancy Nara-designed orijinal box,  

るるぶ 奈良(2012~2013)
 
るるぶ

P67 ~からだに優しい琥珀色の液体飴~

安政元年(1854)創業の砂糖専門店が作る御門米飴は、米を麦芽で糖化した健康食品。
コクのある飴は、そのまま食べるだけでなく料理にも大活躍。
と紹介していただきました。

ぐるなび通信 食材クーポンカタログ9月号
 
ぐるなび

P38 ~太古のロマンを感じさせる奈良の食~

まろやかでクセのない味わい
地元で採取される「奈良はちみつ」
はちみつは西ノ京周辺で採取されたもので、その時々で採取できる蜜の種類も変わる。商品になるのは、地元の菅田養蜂場の菅田孝志社長自身が採取し、味を吟味しておいしいと感じた蜜だけ。と紹介していただきました。

プラチナ(2012年7月18日発行)
 
プラチナ

P41 ~奈良の取材中に見つけた気になるお店~

1854年創業の老舗の砂糖専門店。名物は、琥珀色の輝きが美しい「御門米飴(みかどこめあめ)」。
国産米を麦芽で糖化して作られた飴の滋味深くも懐かしい味は、店頭で味見することも可能です。
と紹介していただきました。

ページ上段へ戻る